ガラスコーティング Zen-Xero Dynamicの詳細について

ニューウェーブの最高級ガラスコーティングである、Zen-Xero Dynamicの詳細についてご案内します。

Zen-Xero Dynamic

まず、特徴としましては、

  • Zen-Xeroテクノロジーによる圧倒的な耐久性と光沢
  • 機能を持った撥水、動的撥水被膜
  • 3液混合の1液施工で高性能
  • 撥水が続くガラスとフッ素の完全融合
  • 耐酸性をはじめとした被膜特性
  • 今までにないプライマー処理により高耐久性を実現

1、プライマリー処理による効果

Zen-Xero Dynamicではじめて採用されたのが、プライマリー(アクセラレーター)による強力な塗装面との結合です。(例えれば、接着剤のようなもの)これにより、今まで以上に塗面とコート剤を強力に結合させ長期にわたり、塗面を保護します。

イメージは下図

アクセラレーター構造図

2、撥水が続くガラスとフッ素の完全融合

ガラス被膜に対するフッ素の存在は、被膜表面にフッ素を配列させることで優れた撥水性を生み出してきました。しかし、これらは被膜表面での性能であるため、表面がダメージを受けたり、経年変化の中でフッ素の効果が失われていくものでした。Zen-Xero Dynamicは、この概念を覆し、被膜表面だけでなく、被膜の中にも均一にガラスと結合してフッ素が配置されることを実現し、ガラス被膜としての性能保持期間中、よりフッ素の性能を発揮することを可能にしました。被膜の減少が生じた場合でも撥水基が存在し撥水状態を持続します。

従来の撥水のイメージ

Zen-Xero Dynamic被膜イメージ

3、機能を持った撥水、動的撥水性被膜

ボディコーティングの最大の目的である塗装の保護という点において、従来の撥水性はメリットとともにデメリットも合わせ持っていました。それは一般的にこれまでの撥水は静的撥水性として撥水角を重視しており、水滴の残存によるデボジットが発生する問題が少なからずありました。Zen-Xero Dynamicは新しい概念として動的撥水性を取り入れこれまでにない性能を実現しました。

静的撥水と動的撥水の違い

 

4、作業工程

  1. 洗車
  2. 鉄粉・ピッチ・タール等付着物の除去
  3. マスキング
  4. 研磨(キズなどの除去1~2回程度)
  5. 鏡面仕上げ
  6. 脱脂処理
  7. アクセラレーター(プライマー)塗布
  8. 本液塗布
  9. 仕上げ

上記、作業は中古車の場合です。新車の場合は、基本2.4の作業はありませんが、車両の状態によっては、2.4の作業を追加する場合があります。

 

5、メンタナンスセット

ダイナミック専用バック  ダイナミック

 

セット専用バック                       お客様カルテ・施工証明カード保管入れ

ダイナミック施工証明カード     ダイマミッククロス

 

施工証明カード                            洗車クロス

ダイナミック専用シャンプー    ダイマミックスポンジ

 

専用シャンプー                            洗車専用スポンジ

お客様カルテ    ダイナミック施工シール

お客様カルテ                         施工シール

以上のメンテナンスセットが施工されたお客様に差し上げます。

 

 

 

 

ニューウェーブ

住所 佐賀県鳥栖市原古賀町1318-4
TEL 0942-83-0566
FAX 0942-50-8490

当店Facebookはこちら
http://on.fb.me/1U7xHMA