カーフィルム保安基準について

ステラフィルム法令

カーフィルムには、法令での規制があります。

①フロントガラスや運転席・助手席のドアについて

上記、箇所にフィルムを施工する場合、フィルムを貼った状態で、可視光線透過率が70%と以上なければなりません。現在、車のガラスの

透過率は、様々です。同じ車種であっても違う車両もあり、フィルムを貼る場合は注意が必要です。透過率測定器

当店では、上記写真の測定器で測定しております。

 

②サンシールドフィルムについて

カーフイルム保安基準

1、サンシールドの施工範囲
 全面ガラスの上縁にあって、車両中心部と平行な鉛直面上のガラス開口部(ウェザ・ストリップ、モール等と重なる部分及びマスキングが施されている部分を除く。)の実長の20%以内の範囲。
2、サンシールドの透過率
 貼り付けられ、または塗装された状態において、透明であり※1かつ、運転者が交通状況を確認するために必要な視野の範囲※2に係る部分における可視光線の透過率が70%以上であることが確保できるもの。
  ※1 透明であり・・・・実長の20%以内の範囲において、他の自動車、交通信号機、歩行者等が確認できるもの。
  ※2 運転者が交通状況を確認するために必要な視野の範囲・・・・実長の20%以外の範囲を示す。
3、計測条件
 ・フロントガラス外側にて計測します。
 ・ガラスの計測位置に対して直角に計測します。
4、測定範囲
 ・ガラス取付角度に関係なく、ガラス単体にて計測してください。
 ・ガラス開口部(ウェザ・ストリップ、モール等と重なる部分及びマスキングが施されている部分を除く。)において、車両中心線と平行な鉛直面上にて計測します。(図1参照)
 ※注意
 ・目の錯覚により、ガラス左右部分に平行に測定しますと、寸法に誤差が出るため、基準値が変わってきます。必ず車両中心部に沿って平行に測定してください。
 ・鉛直面上のどの部分に於いても実長の20%以内の範囲が保安基準となります。(図2参照)
 ・開口部にドットマトリックスがある場合は、ドットマトリックスの外側を計測してください。(図3参照)
 ・また、開口部上部に網状のセラミックがある場合は左右の線を延長して計測します。(図4参照)
 

③リアガラス(バックドア)について

平成18年より、ハイマウントストップランプの装備が義務化されたのに伴い、フィルムの規制が発生しております。

正式には、光源量などの規制があるようですが、念のためハイマウントストップランプの周りを切り抜いたが賢明だと思われます。

 

ニューウェーブ

住所 佐賀県鳥栖市原古賀町1318-4
TEL 0942-83-0566
FAX 0942-80-0498

当店Facebookはこちら
http://on.fb.me/1U7xHMA