COATING

pic_coating01

カーコーティングについて

愛車を守るコーティング

コーティングの種類はワックス・フッ素・テフロン・ガラスコーティング等様々あります。

①ワックス

②フッ素・テフロン

③ガラスコーティング

があり、酸化等に関しても相当対応します。よって、現時点では、ガラスコーティングがコーティングの中では、最も優れたコーティングです。

pic_coating02

ガラスコーティングについて

洗車だけでピッカピカが持続できる

ガラスコーティングにも様々な種類のコーティングがあります。大きく分けて4種類あります。

ガラスコーティングの種類について

①簡易型のガラスコーティング

簡易型はガラス繊維(ケイ素)が主成分で、ものにもよりますが耐用年数が半年から1年程度。

②二酸化ケイ素系・無機アクアミカのガラスコーティング

(主にキーパー・クォーツ等)確かに、本物のガラス質ですが、コーティングとは呼べない代物です。なぜなら、塗装には、粒子でしかくっつかず、被膜ではないからです。通常、このコーティングはトップコートが必要で、このトップコートは長く持たないため、2~3カ月に一度はメンテナンスでのトップコートが必要です。

③ 有機アクアミカ(主にディラー)・シロキサン系ガラスコーティング(主にプロ施工店)

✓有機アクアミカは、被膜が非常に薄い。

トップコートをして、撥水させてますが、1~2カ月に一度メンテナンスをしないと、シリカスケール(水跡のような汚れ)が付着して取れなくなります。

✓シロキサン系は、被膜は厚いですが、トップコート次第で、
シリカスケールが付着しやすく、有機アクアミカのようにこまめなメンテナンスが必要です。

④当店のガラスコーティング(SGHC)

シロキサン系ではありますが、特殊なコーティング剤を混合しているため、撥水も半年から1年以上持ち、その間は汚れも非常に付きにくくお手入れが簡単です。当店には、大きく分けて、2種類のガラスコーティングがあります。

pic_coating03

ヘッドライトコーティング

以外と弱い?ヘッドライトへの対策

ヘッドライトは、以前はガラスでしたが、ガラスは割れたり重量が重い等の理由で、ポリカーボネートという樹脂でできています。ポリカーボネートは紫外線にもろく、新車のときは、ポリカーボネートの上にハードコート処理がなされています。しかし、経年劣化のため、ハードコートが痛んだり、部分的に剥がれたりし、黄ばみや、ものによっては細かな傷等で、ライトの光が暗くなったりして、場合によっては、車検も通らない場合もあります。

ヘッドライトコーティングの対処方法

①磨いて汚れ等を取る

この場合、長くは持たず2~3カ月に一度は磨かねければなりません。また、磨く回数が増えれば増えるほど、綺麗な状態に期間が短くなっていきます。

②磨いてコーティングを施工する

この場合は、コーティングの種類にもよりますが、ほとんどがガラスコーティングであるため、半年から1年程度しか持ちません。何故なら、ガラスコーティングは紫外線カットをほとんどしないためです。

③ 当店ヘッドライトコーティング

当店のヘッドライトコーティングは、傷み具合により磨いて下地にプライマー処理を施し、紫外線95%カットのトップコートを施した上にガラスコーティングの処理を施します。よって、長期間の保護ができます。

樹脂コーティング

樹脂コーティング

安心・安全な樹脂コーティング

黒い樹脂の部分(サイドミラー周辺・フロントワイパー周辺・等々)、経年劣化で白っぽくなります。原因は、紫外線や汚れによるものです。この汚れを除去し、紫外線カット率95%以上のコーティングをすることにより、樹脂面を長期に保護します。

樹脂コーティングの対処方法

①油性のタイヤワックス等を塗る

1~2カ月程度で流れ落ち。油性の汚れが付きやすい。

②ガラスコーティングを施工する

1年程度でもとに戻る。

③ 当店樹脂コーティング

当店の樹脂コーティングは、まず付着している汚れを除去し、プライマーで下処理を行い、紫外線95%カットのトップコートを施した後にガラスコーティングの処理を致しますので、長期の保護ができます。

撥水ガラスイメージ写真

撥水ガラスコーティング

驚異の動的撥水力

自動車のガラスは、ほっておくと油膜が付き夜の雨降りなど、ギラついて視界を遮り非常に危険です。また、シリカスケール(輪状痕)が付着し視界を落とす原因になります。撥水ガラスコーティングを施工しておけば、長期間ガラスのギラつきやシリカスケール(輪状痕)を防げます。安全な視界確保のため是非お勧めします。

撥水コーティングの対処方法

①市販のガラコ等を塗る

長く持たないため、1~2カ月に一度は塗る作業をしなければなりません。シリカスケールが付着しにくくすることはできません。

②当店撥水ガラスコーティングは、フッ素のため、長持ち

当店撥水ガラスコーティングは、フッ素のため、長持ちいたします。そのほかにも2種類の撥水ガラスコーティングがあります。

その他コーティング

アルミホィールコーティング

アルミホィールは、ブレーキダストや油汚れが付きやすい箇所です。アルミホィールコーティングをすることにより、汚れが取れやすくなります。

タイヤコーティング

通常タイヤワックスを塗りますが、油性のタイヤワックスは、逆にタイヤを痛めます。水性タイヤワックスは長く持ちません。当店タイヤコーティングは、樹脂のコーティングのため、タイヤを保護し、タイヤ保護能力は1年程度持ちます。

お問い合わせはこちらから

営業時間:9:00~18:00     

18時以降は電話転送しております。